競輪(JKA)のスタッフの仕事をまとめてみました。レース本番から広報、裏方までどのように運営しているか解説します。

競輪に携わるスタッフについて

 

プロスポーツ選手である競輪選手は、努力だけではなく運動神経など天性のセンスがないとなれませんが、競輪に携われるスタッフであれば誰でも目指すことができます。
競輪に携わるスタッフや職種の種類と求人情報(なるための方法)をまとめました。

 

レースの裏方

 

競輪業界を影で支える裏方スタッフ

 

レースの進行に関わる裏方スタッフは以下の種類があります。

 

  • 選手管理スタッフ
  • レース前日の身体検査や装備品のチェック等を行う

     

  • 検車スタッフ
  • レースで使う自転車が不法な改造をしていないかのチェックとレース毎に選手が自分の自転車をスムーズに取り出せるように整理しながら格納と管理も行う

     

  • 番組構成
  • 番組マンと呼ばれるスタッフで、レースごとに出走する選手の取り決めをする重要なポスト

     

  • 審判
  • レースの進行、判定を行う

     

  • あっせん
  • 開催節に出走するレースを選別する

 

⇒参考:KEIRINGUIDE レースを支える人たち

 

競輪関係の仕事一覧

 

競輪関係の仕事に就くには、競輪を運営しているJKAの職員になる方法と、競輪が外注している業務を請け負う会社に就職する2つのパターンがあります。
このほか、競輪の運営とは別にメディア等で働く方法もあります。
それぞれの主な仕事とスタッフの役割を一覧にまとめました。

 

JKAが募集しているスタッフ

 

競技実施業務
  • 選手管理
  • 審判
  • 番組編成
  • 検車
  • あっせん
  • 日本競輪選手養成所
  • 開催準備室※1
  • 業務部※2
  • オートレース事業部(競輪とオートレースは同一運営)

 

※1開催準備室は会議の資料作成・関係団体との調整・選手への研修会実施等を行う
※2業務部は資料のとりまとめ、VTR編集などを行う

 

その他事務職
  • 経理
  • 総務
  • 競輪振興業務
  • 補助関係業務※3
  • 経営戦略部(企画課・統計調査課)
  • 広報
  • システム部

 

※3補助関係業務は競輪の売上金を使った各種支援・補助業務、および補助業務関連のPR活動

 

専門職

スポーツ指導
測定データの集計

 

⇒参考:JKA 採用情報サイト

 

JKAの下請業者が行う業務
  • 送迎バスの運転手
  • 警備スタッフ
  • 競輪場内のショップスタッフ
  • イベント運営(JKA子会社の株式会社チャリ・ロトなど)
  • 写真判定
  • 撮影
  • 放送
  • 清掃(競輪場・選手宿舎)
  • 投票券発売の窓口スタッフ
  • 入場券売場の窓口スタッフ
  • その他受付スタッフ(有料席、総合窓口等)
  • ネット投票サイトの開発・保守(JKA・システム部の下請業務)

 

メディア関係
  • スポーツ新聞
  • 競輪新聞
  • 競輪予想サイト
  • 写真撮影
  • カメラ(動画)撮影
  • 競輪場内の予想屋
  • 競輪系ユーチューバー

 

競輪関係の職種は豊富

 

競輪の運営に関わる重要なポストに就くにはJKAの職員になる必要があります。
一般的な競輪ファンが競輪場やネット投票で車券予想と観戦を楽しむ際に関わる人達は、外注の仕事が多いです。
紹介している通り競輪関係の職種は豊富で、競輪に携わる仕事でも競輪の知識が身につかないことから元選手などが優遇される仕事など、求められる能力と得られるスキルは様々です。

 

もし、競輪に携わるスタッフで働きたい場合は、何をしたいのか整理して求人情報を探してみてください。
番組マンやあっせんなど、レースに直接影響の与える仕事は狭き門になっています。
ちなみに競輪は全国で年間6,600億円以上の売上を誇っているため、JKAの正社員は大企業ならではの安定性と福利厚生が魅力です。

 

公務員に比べると倍率が低く、定期的に中途採用を行っていますよ。
何でもいいので競輪に携わるスタッフになりたい場合は、清掃や警備など簡単に採用してもらえる仕事がたくさんあります。