競輪で使う競技用の自転車と市販されている自転車の違いをまとめました。

競輪用の競技自転車と市販されている自転車の違い

 

競輪で使われている競技用の自転車は、市販されている自転車と見た目は似ていますが、ブレーキと変速機が付いていない違いがあります。
市販されている競技用の自転車は、大半がロードレーサーと呼ばれる公道を走るために作られているものです。

 

マンガやアニメの弱虫ペダルでプチブームが起こっているロードレース用で、世界的なレースではツールドフランスが有名です。
もちろん、ロードレースもオリンピック種目になっています。

 

一方で競輪で使われる自転車はトラック競技専門に作られた「レーサー」と呼ばれるもので、ブレーキと変速機を付けてはいけない取り決めがあります。
競輪選手やオリンピック選手の多くは完全オーダーメイドでトラック用自転車を作っていますが、自転車のトラック競技は高校生のインターハイ種目にもなっているスポーツで、市販のレーサー(トラック用競技自転車)も存在します。

 

構造の違い

 

競技用自転車と市販の自転車の違いとは

 

紹介している通り、競輪用の競技自転車はブレーキのない点が最大の特徴です。
ブレーキがないかわりにペダルを止めてもタイヤが空転しない構造になっていて、ペダルを回す力を弱めれば少しずつ減速する仕組みになっています。
とはいえ、一般的な自転車に付いている握るブレーキに比べて減速力は弱いです。競輪の自転車はトラック専用で急ブレーキをかける必要がないためブレーキがなくても問題はありません。

 

また、競輪用の競技自転車はギアがあるけど変速機はありません。簡単に説明すると走る前にギアの調整を行い、レース中は一つのギアだけでレースを行っています。
このほか、市販のロードレーサーは長距離を走り切れるように配慮されていますが、競輪用は瞬発力を重視してロードレーサーよりも前傾姿勢になるポジションが主流です。
ハンドル・サドルの高さ・長さに一定の規定はありますが、競輪選手はそれぞれの好みと体型に合ったオーダーメイド品を使っています。

 

ブレーキがない理由

 

ブレーキがない理由は軽量化だけを目的にしていると思われがちですが、規定(レギュレーション)でブレーキを禁止しているのは、接近した高速レースを繰り広げる競輪で急ブレーキをかけると、接触による多重事故へ発展する危険性が関係しています。
コンマ一秒を争うため、ブレーキ装備の僅かな軽量化も欠かせませんが、安全上の問題からアマチュアレースも含めてトラックレースは原則としてブレーキのある自転車を使うことができません。

 

変速機が禁止なのも同様の理由で、走行中のギアチェンジは失敗も含めて急減速して接触する恐れがある理由で禁止になっています。
学生の自転車競技部で活躍するアマチュア選手はトラックとロードの2種類をやっている方が多いですが、多くの選手はロード用とトラック用の自転車を使い分けています。

 

オリンピック用も共通?

 

ケイリンをはじめ、自転車のトラック競技はオリンピック種目かつ国際競技になっているため、自転車のレギュレーションはほぼ共通です。
実際にオリンピックへ出場する競輪選手は、普段の競輪で使っている自転車を活用しています。

 

なお、オリンピックのケイリンは室内トラックで行われ、ホイールはディスクタイプとバトンタイプを使う取り決めがあります。
レースによってホイールとタイヤが替わるため、一定の部品交換と調整が必須です。
また、コースの長さやバンク角が変わることから、オリンピック(室内のトラック競技)と競輪で異なるオーダーメイド自転車を活用する選手もいます。