1948年11月に日本で初めての競輪が小倉競輪場で開催されました。

競輪の歴史

競輪は日本発祥のスポーツで、多くの日本人に親しまれている競技です。

 

2000年以降は「ケイリン」としてオリンピックの正式種目にも採用されています。

 

そんな、世界的にも知名度を広めつつある競輪ですが、これまでにどのような経緯を辿ってきたのかについては、一般にはあまり知られていません。
そこで今回は、競輪の歴史について取り上げていきたいと思います。

 

競輪のこれまでの歩み

ケイリンの競技場
競輪は日本発祥のスポーツ競輪」という一つの競技の形が誕生したのは今から約70年前のことです。
70年前ですから、当然終戦直後のGHQ占領期ということになります。

 

この時期に、海老澤元満州国官吏倉茂元陸軍大尉東京の有楽町に国際スポーツ株式会社を設立しました。
この会社は、当時持ち上がっていた湘南海岸一体にレジャー施設を建設するという構想の中で、自転車産業の発展とサイクルスポーツの振興を一種の大義名分として設立されました。

 

ですが実際のところは、当時各地で盛んに行われていた自転車レースを賭けの対象として、そこで得られた収益金を復興資金に充てるというのが本当の目的でした。

 

しかしその後、株式会社だけでは自転車競技の運営を行うことができないということが分かりました。
そこで、今度は国に働き掛けて自動車競技を法律によって定めようという運動が起こりました。

 

そして、こうした動きに当時の内閣総理大臣である片山哲が興味を示し、社会党執行部の賛同を得た上で自転車競技法の法案作りが始められました。

 

法案作りは順調に進み、1948年の6月には衆議院で可決、同年の7月には参議院でも可決されました。
そして、同年の8月1日には晴れて自転車競技法が施行され、公営競技としての競輪が日本で初めてこの瞬間に誕生しました。

 

その後、競輪は日本各地で開催されていくことになります。

 

しかし、自転車競技場の建設をするには膨大な金額が必要なため、各自治体は軒並み尻込みをする状態でした。

 

ですが、そんな中で福岡県の小倉市は自転車競技場の建設にいち早く名乗りを上げました。
小倉市は、当時最も人気の高かった野球を同地で開催することを条件にすることで採算にも見込みを付け、競技場の建設を進めていきました。

 

そして、1948年の11月20日に日本で初めての競輪が小倉競輪場で開催されることになりました。
これが、日本で初めて単独開催された競輪の大会であるということになります。
そしてそれはもちろん、世界で初めての競輪のレースであるということでもあります。

 

1950年代以降の競輪

レース中のケイリン選手次に、1950年代以降の競輪の歩みを簡単に見ていきたいと思います。

🔴1950年代
・1950年4月 第1回高松宮記念杯競輪開催
・1950年8月 第1回全国都道府県選抜競輪開催
・1951年 第1回競輪祭競輪王開催
・1957年 世界選手権自転車競技大会に中井光雄、中野泰満両選手が初参加

 

🔴1960年代
・1962年 第1回 競輪祭新人王開催
・1963年 全国争覇競輪(ダービー)決勝をテレビ初放映
・1966年 第1回秩父宮妃賜杯競輪開催

 

🔴1970年代
・1975年 世界選手権自転車競技大会で阿部良二選手がスクラッチ3位入賞
・1977年 世界選手権自転車競技大会で中野浩一選手がスプリント優勝

 

🔴1980年代
・1986年 世界選手権自転車競技大会で中野浩一選手がスプリント10連覇達成
・1988年6月 井上茂徳選手が史上初のグランドスラム達成
・1988年10月 第1回 共同通信社杯競輪開催
・1989年1月 第1回 国際ケイリングランプリ開催
・1989年12月 第1回 ふるさとダービー競輪開催

 

🔴1990年代
・1992年 第1回世界選手権記念トーナメント(現在の寬仁親王杯)開催
・1996年 アトランタ五輪で十文字貴信選手が1kmTTで銅メダル
・1998年 函館競輪場で初のナイター競輪開催

 

🔴2000年代
・2000年 シドニー五輪で「ケイリン」が正式種目として採用
・2001年 第1回 ヤンググランプリ競輪開催
・2002年 第1回 東王座戦・西王座戦競輪開催
・2003年 第1回 ワールドグランプリ競輪開催
・2004年 アテネ五輪のチーム・スプリントで銀メダル
・2008年 北京五輪で永井清史選手がケイリンで銅メダル

 

🔴2010年代
・2011年 小倉競輪場で初のミッドナイト競輪開催
・2012年 ロンドン五輪で女子ケイリンが正式種目として採用
・2012年7月 ガールズケイリンが始まる
・2012年11月 モーニング競輪の開催が始まる
・2014年1月 第1回 KEIRIN EVOLUTION開催
・2017年3月 第1回 ウィナーズカップ開催

【東京オリンピック】メダル候補の選手達