競輪選手資格検定は競輪学校卒業生のための試験とも言えます。

競輪選手になるには

競輪選手のトレーニング競輪がどのような競技なのか?このことは日本人であれば多くの方がご存知です。
また、競輪がギャンブルの対象になっていることも誰もが知っている事実です。

 

しかし、同じ競輪に関することでも、競輪選手になるにはどうすればいいのかということについては一般的にはほとんど知られていません

 

今回は、競輪という競技に欠かすことのできない競輪選手という存在についてスポットライトを当てて、選手になるまでの道のりを紹介したいと思います。

 

日本競輪学校に入学する

競輪選手を目指す人間は全員が必ず日本競輪学校に入学し卒業しなければなりません。

 

入学に際しては、当然ながら入学試験が行われます。
日本競輪学校の入試には、一般入試と特別選抜入試の2種類があり、ほとんどの入学希望者が一般入試を受けます。

一般入試では技能試験と適性試験のどちらかを受けることになります。
技能試験は自転車競技で一定の実績がある受験生が対象の試験で、一方の適性試験は他のスポーツの経験者を対象とした試験です。

 

技能試験においては、1次試験で1000mと200mのタイムトライアルを行います。
他方、適性試験の1次試験では背筋力や走行速度の測定などが行われます。

 

そして、2次試験では技能試験・適性試験共に身体検査人物考査を行います。
試験の概要は以上の通りです。
これらの試験に合格した者が晴れて日本競輪学校への入学を認められることになります。

 

競輪学校での日々

入学試験に合格した者は、静岡県にある日本競輪学校に入学することになります。
在学期間は本土の場合1年弱ですが、成績の優秀な者は例外的に半年で卒業することができます。

 

日本競輪学校の学生は全員寮生活をしなければなりません。
これは独身者でも既婚者でも変わりありません。

 

寮を出て帰宅できるのは夏と年末年始の休暇中に限られます。
電話は公衆電話のみで、携帯電話やパソコンの持ち込みは禁止されています。
加えて、男性は丸刈り、女性はショートカットにしなければならないというルールも存在しています。

 

日本競輪学校で学ぶ内容は学科と実技に大別されます。

学科

競輪選手に必要な競輪のルールや法律に関する知識、自転車に関する知識の他、社会や国語といった一般科目の勉強も行います。

 

実技

トラックレーサーを使っての訓練や筋力トレーニング、バンクでの実習などが行われます。
また、放課後や休日などには自主練習を行うこともあります。

以上が競輪学校での日々の大まかな概要です。

 

 

検定試験を受ける

競輪資格試験合格日本競輪学校を卒業した者は、次に競輪選手への最終ステップである「競輪選手資格検定」を受験することになります。
競輪選手資格検定は司法試験などと同じ国家試験です。

 

この試験に合格した者は国から競輪選手としての資格を認められることになります。

 

そして、競輪選手として競技生活を送ることを決めた選手は、全国各地にある日本競輪選手会の支部に所属し、各地の競輪場でレースに参加します。

 

「ケイリン」がオリンピック正式種目なるまでの経緯

 

ちなみに、この試験自体は競輪学校を卒業していなくても受験することができます。
しかし、過去の合格者に競輪学校の卒業者以外は一人も居ません。
つまり、実質的には競輪選手資格検定は競輪学校卒業生のための試験だと言うことができます。